メルクマニュアル
merckmanual

日記

万有製薬の主要製品

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/万有製薬 からの情報>

主要製品
ニューロタン
(アンジオテンシンU受容体拮抗薬:血圧降下剤、2型糖尿病性腎症治療薬)
リポバス(HMG-CoA還元酵素阻害剤:高脂血症治療剤)
レニベース(アンジオテンシン変換酵素阻害剤:血圧降下剤)
チエナム(カルバペネム系抗生物質製剤)

シングレア(ロイコトリエン受容体拮抗薬:気管支喘息治療薬)
フォサマック(ビスフォスフォネート:骨粗鬆症治療薬)
プレミネント
(アンジオテンシンU受容体拮抗薬/サイアザイド系利尿薬 配合剤:血圧降下剤)

プロペシア(5α還元酵素阻害剤:男性型脱毛症用薬)
チモプトール/チモプトールXE(β2ブロッカー:緑内障・高眼圧症治療剤)
トルソプト(炭酸脱水素酵素阻害剤:緑内障治療薬)
ニューモバックスNP(肺炎球菌ワクチン)
ヘプタバックス-U(B型肝炎ワクチン)
<主な関連ブログ>
睡眠薬「マイスリー」で夢遊病の副作用?/基礎体温/むしろ清々しいさ/今テンション超高いww/りっぷくりぃむは必需品!/POSとSOAP/今になって、、、/ドラッグストア♪通信♪健康♪薬局/ウィズ薬局ホームページ/珍?情報(^o^)/花粉症にアロママスク その2/眠い、眠い・・・/一か月☆☆/妊娠☆6週目☆/健康ショップ>ケンコーコム>ドラッグストア

日記

万有製薬の歴史

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/万有製薬 からの情報>

沿革
1915年 - サルバルサン(梅毒の特効薬)の合成に成功。
同年、「萬有合資会社」を創立。
1917年 - 株式会社に改組し「萬有舎密(せいみ)株式会社」に改称。
1925年 - 「萬有製薬株式会社」に改称。
1946年 - ペニシリン公認製造許可第1号を取得。
1952年 - 米国メルク社と販売提携(副腎皮質ホルモン製剤「コートン錠」)。

1954年 - 米国メルク社との合弁会社、日本メルク萬有株式会社(NMB)を設立。
1961年 - 東京証券取引所第一部に上場。
1982年 - 米国メルク社、萬有発行済み株式の5%取得。
1984年 - NMBの株式を100%取得し完全子会社化。
1984年 - 米国メルク社の持ち株比率が50.02%となり、米国メルク社の傘下へ。
1986年 - 降圧薬「レニベース(R)」発売。
慢性心不全治療に使われるACE阻害薬の標準薬。

1986年 - カルバペネム系抗生剤「チエナム(R)」発売。
1988年 - 肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス(R)」発売。
1991年 - 高脂血症治療剤「リポバス(R)」発売。
1992年 - つくば研究所を開設。

1998年 - 降圧薬「ニューロタン(R)」発売。世界初の持続性アンジオテンシンII(A-II)アンタゴニストでニュークラスの降圧薬。
2000年 - 社名表記を「萬有」から「万有」に変更
(登記上の商号は「萬有」のまま変わらず)。
2001年 - 骨粗しょう症治療薬「フォサマック(R)」発売。
2001年 - 気管支喘息治療薬「シングレア(R)」発売。

2003年 - 米国メルク社、公開買付けにより未所有分の万有製薬普通株式を取得し、100%子会社化すると発表。同年、東京証券取引所第一部上場廃止。
2004年 - 米国メルク社の100%日本法人へ。
2005年 - 男性型脱毛症用薬「プロペシア(R)」の発売。
2005年 - コーポレートマークを米国メルク社と同じマークに変更
2006年 - ニューロタン錠が「2型糖尿病性腎症」の適応症追加。
初の国際共同治験での適応症取得

2006年 - 週一回服用タイプ骨粗鬆症治療薬「フォサマック35mg」発売
2006年 - 血圧降下剤「プレミネント」発売。
日本初のARB-サイアザイド系利尿薬の配合剤
2006年 - 肺炎球菌ワクチン「ニューモバックスNP」発売
2006年 - 2007年第4四半期に社名を「メルク万有株式会社」とする事を発表

日記

万有製薬株式会社(ばんゆうせいやく)

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/万有製薬 からの情報>

万有製薬株式会社(ばんゆうせいやく)は、
日本の製薬会社。循環器系薬剤、抗炎症薬剤、抗生物質薬剤に強い。
かつては東京証券取引所第一部に上場していたが、
2003年に米国メルク社が公開買付けを実施して
メルクの100%日本法人となった際に上場廃止となった。

日記

メルクマニュアル

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/メルク からの情報>

メルクマニュアル
1899年に米国メルク社が発刊した
「Merck's Manual of the Materia Medica」が源流で、
(後に「The Merck Manual of Diagnosis and Therapy」となる)
膨大な医学情報をコンパクトに要領良く掲載され、
現在まで基礎的な、
標準的な医学書として世界中の医療従事者を中心に活用されている専門書である。

1997年には家庭・一般人向けに専門用語を出来るだけ易しい表現にした
「The Merck Manual of Medical Information-Home Edition」が
出版されており、どちらも日本で翻訳版が出版されている。

メルクマニュアル第17版日本語版
メルクマニュアル医学百科最新家庭版

日記

Merck & Co.の主要医薬品

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/メルク からの情報>

Merck & Co.の主要医薬品
(日本では未発売・商品名が異なる製品がある。)
ゾコール(ZOCOR) HMG-CoA還元酵素阻害薬(高脂血症治療剤)
フォサマックス(FOSAMAX) ビスホスホネート製剤(骨粗鬆症治療剤)
コザール/ハイザール(COZAAR/HYZAAR)A-U受容体拮抗薬(降圧剤)
→デュポン社から導出。

シングレア(SINGULAIR) ロイコトリエン受容体拮抗薬(気管支喘息治療剤)
バソテック/バセレティック(VASOTEC/VASERETIC)ACE阻害性降圧剤
プリマキシン (PRIMAXIN) カルパペネム系抗生物質製剤
トルソプト/コソプト (TRUSOPT/COSOPT) 炭酸脱水酵素阻害剤(緑内障治療薬)

プロスカー(PROSCAR) 5α-還元酵素U型阻害薬(前立腺肥大症治療薬)
プロペシア(PROPECIA) 男性脱毛治療薬(プロスカーと同一成分で内用量が異なる。)

クリキシバン(CRIXIVAN) HIVプロテアーゼ阻害剤(同薬効世界初)
マクサルト(MAXALT) (5-HT1B/1D受容体作動型片頭痛治療剤)

日記

日本でのメルク

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/メルク からの情報>

日本でのメルク
米国メルク(Merck & Co.)の日本法人は万有製薬株式会社である。
もともとは米国メルク社直属の日本法人として
日本MSD(Merck Sharp & Dohme)株式会社があったが、
2004年3月に万有製薬株式会社の完全子会社化に伴い、
日本法人は日本MSDと合併し万有製薬株式会社となった。

2007年下半期には、メルク万有株式会社に社名を変更する予定である。

独国メルク(MERCK KGaA)の日本法人としてメルク株式会社および、
出資会社としてジェネリック医薬品会社のメルク製薬
(2006年7月に「メルク・ホエイ(株)」から社名変更)がある。
(メルク (ドイツ)参照)

日記

社名について

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/メルク からの情報>

社名について
両社のこの様な経緯のため、
米国メルクの北米以外の地域では
「Merck Sharp & Dohme (略称:MSD)」の名称を利用する。

逆に独国メルクの北米以外の地域では
「MERCK」の名称を利用し、
北米では「EMDPharmaceuticals Inc.,」などの社名を利用する。

(ちなみに同様な例では、ドイツのシエーリング(→Schering)のアメリカ現地会社が第一次世界大戦によって分断し、1952年に米国企業として再出発した現在のシェリング・プラウ(→Schering Plough))がある。)

日記

メルク社創業のいきさつ

メルクマニュアルや製薬などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/メルク からの情報>

創業のいきさつ
1827年創業のMerck KGaAの創始者エマニュエル・メルク(Emanuel Merck)の
孫ジョ−ジ・メルク(George Merck)が1891年に、
アメリカの拠点としてニューヨークにMerck & Co.を設立し事業を始めたが、
第一次世界大戦によってドイツ国外の財産などを喪失し、
アメリカのメルクとドイツ(本家)のメルクはそれぞれ独立した
医薬品企業として今日まで発展している。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。